防犯ニュース

「九州各県防犯協会(連合会)専務理事会議」開催について

2019.11.13

令和元年11月7日(木) 那覇市安里在ホテルロイヤルオリオンにおいて、九州8県の防犯協会(連合会)の専務理事が、年1回九州各県開催地を巡回して行われ、今回は沖縄県にて開催いたしました。 

同会議は、九州各県防犯協会(連合会)の業務推進における現状や課題等について、協議し共通の認識及び情報交換を目的として開催しております。

 協議事項
  ① 防犯ボランティア団体の活性化方策等について(発表:宮崎県)
   問題点 〇 防犯ボランティアの高齢化                
       〇 次世代防犯ボランティアの確保と育成

   方策  〇 地区防犯協会への助成
       〇 地域の安全・安心活動推進モデル地区事業の実施
        ・ モデル地区を指定
        ・ モデル地区リーダー研修会の開催
       〇 大学への働きかけ
        ・ 次世代防犯ボランティア研修会の開催  
       〇 その他

  ② 自転車防犯登録の現状と問題点(発表:鹿児島県)
   現 状 〇 鹿児島県における自転車防犯登録業務の説明
       〇 本年10月1日からの消費税改正について

   問題点 〇 他府県に転出した自転車所有者の削除(抹消)について
         各県の状況を協議。
        (沖縄県においては、「抹消届」を郵送し所有者本人であることの証明書の写しを添付して返送)

       〇 管理権に基づく放置自転車の取り扱いについて
         各県とも放置自転車は警察扱いであること。

 来年の開催は、鹿児島県となった。


会場の状況


伊波専務理事(沖縄県)挨拶


沖縄県警察本部生活安全部山内管理官講話


厚山専務理事(宮崎県)発表


井ノ上次長(鹿児島県)発表

沖縄県防犯指導員及び地域防犯ボランティア研修会開催状況

2019.11.06

沖縄県防犯指導員及び地域防犯ボランティア研修会開催状況

沖縄県防犯協会連合会は、各地区で防犯ボランティアとして活動されている200名の方を、本年4月1日付で沖縄県防犯指導員に委嘱しました。
その防犯指導員と地域の防犯ボランティア団体で活動されている方を対象に、防犯ボランティア活動等に関する研修会を開催しました。
研修会は、県内5ブロックに分けて開催し、合計146名の皆様が参加しました。


1 開催日・会場
① 令和元年 8月21日(水) 沖縄市中央公民館
②    同   9月17日(火) 浦添市産業振興センター・結の街
③  同   10月10日(木) 名護警察署
④  同       10月16日(水) 宮古島警察署
⑤  同   10月17日(木) 八重山警察署

2 研修内容
〇 防犯活動の重要性及び留意事項等について
   「犯罪発生のメカニズム、防犯活動における留意事項等について」
    講師 沖縄県防犯協会連合会専務理事
〇 ちゅらさん運動、治安情勢について
  「県内の治安情勢・傾向、飲酒に絡む事件・事故等について」
      講師 沖縄県警生安企画課係長
   宮古島警察署生活安全係長
   八重山警察署生活安全課長
〇 DVD放映
  「特殊詐欺防止対策 その電話にだまされるな」DVD
  (8月21日は「青パト活動マニュアル」DVD) 
〇 特別講演
     「安全・安心なまちづくりについて」
     講師 新都心安全なまちをつくる会会長 上原 幸吉 
    (8月21日、9月17日実施)

◆沖縄地区・宜野湾地区・嘉手納地区・うるま地区研修会(8月21日開催)

研修会の状況


県警本部生安企画課係長による「ちゅらさん運動等」についての講話


上原幸吉氏による講話


宮里沖縄地区防犯協会会長挨拶


◆那覇地区・浦添地区・小禄豊見城地区・糸満地区・与那原地区研修会(9月17日開催)

研修会の状況


研修会の状況


講師 上原 幸吉 氏(右側)


宮城那覇地区防犯協会会長挨拶


◆石川地区・名護地区・本部地区 研修会(10月10日開催)

伊波専務理事講話





古波蔵名護地区防犯協会会長挨拶